2019年12月14日(土)Zepp Osaka Baysideにて開催されたフレデリック「FREDERHYTHM TOUR 2019 〜VISION編〜」ツアーファイナルにLINEスタッフがお邪魔しました!2夜連続LINE LIVEの2日目は超豪華ライブ生配信ということでスタッフも一同気合入っています。

IMG_1538

本日の公演ももちろんソールドアウト!Zepp Osaka Baysideには多くのフレデリックファンが集いました。


IMG_1542

会場前に掲げられた「フレデリック」のぼり。かわいい〜。


5D3_4815

ほぼ定刻どおりに開演し、「シンセンス」ではさっそくフロア大合唱でとにかく盛り上がるZepp Osaka Bayside。LINE LIVEの視聴者数もあっという間に20万人を超えていきました。



5D3_4616

「久しぶりに帰ってきました大阪。今の自分たちをたくさんの人に見てほしい、ということで今日はLINE LIVEでも配信しています」と今回の2夜連続配信についても語ってくれた健司さんありがとうございます!


DSC08338

「今日は整っている。みんなのことも整えられるようにがんばります」という康司さん。


DSC09037

いつも独特のMCをする赤頭さん、本日はLINE LIVE視聴者に向けて「Zepp Osaka Baysideのまわりはポケストップになっていて、今日と明日はミニリュウなどが出るから来ればよかったのに」と突然ポケモンGOのことを話し始める(笑)

さらに「横浜アリーナの近くもポケストップになっているので今日来られなかった人は来てください」とのことでしたので皆さん横アリにも行きましょうね!


DSC08411

Zepp4箇所を回ってきた「〜VISION編〜」セットリストの一部は毎回メンバーそれぞれが考えたそうです。本日ファイナルのセトリはドラムの武さんセレクション!武さんはMCも本日絶好調で「(ドラムの)ハイハットを買い替えました」とドラムを叩く人にしかわからないマニアックトークをされていて大変ご機嫌でした(笑)




5D3_5437

そしてライブは後半戦へ。「スキライズム」〜「LIGHT」〜「他所のピラニア」とリズミカルな曲が続いてリズム大好物なワタシの耳は大喜びです。



5D3_5477

そしてフロア熱狂タイム突入!「オドループ」ではお客さん煽りまくり、「オンリーワンダー」のZEPP Osaka Baysideに鳴り響くお客さんの拍手と合唱は最高すぎました!


DSC08953

そして「進化するバンド、フレデリック」らしく最新作「VISION」から「イマジネーション」で本編をしめくくってくれました。Zepp Osaka Bayside全員イマジネーション大合唱は震えましたね。



2日間合計でなんと160万人が視聴した今回のLINE LIVE配信ですが、フレデリックの皆様の粋なはからいで12/16(月)23:59までアーカイブ公開ありなんです!豪華すぎる!!生配信で観られなかった方は、ぜひアーカイブ公開期間中に今回のライブを体感してください。

5D3_5179





2019.12.14 フレデリック ZEPP Osaka Bayside セットリスト

01.VISION
02.シンセンス
03.パラレルロール
04.逃避行
05.トウメイニンゲン
06.リリリピート
07.シンクロック
08.ナイトステップ
09.NEON PICNIC
10.対価
11.スキライズム
12.LIGHT
13.他所のピラニア
14.オドループ
15.オンリーワンダー
16.イマジネーション

EC1.VISION(FAB!!)
EC2.夜にロックを聴いてしまったら(FAB!!)
EC3.終わらないMUSIC

横浜アリーナ公演先着先行受付中!

そしてフレデリックが2019年4月から行ってきた「FREDERHYTHM TOUR」の最後を飾る「FREDERHYTHM ARENA 2020〜終わらないMUSIC〜」横浜アリーナ公演(2020年2月24日)の最終先行チケットがLINEチケットにて受付始まっています!!!

思えば4月のツアー初日「〜夜にロックを聴いてしまったら編〜」新木場スタジオコーストの公演もLINE LIVE配信がありました。そこから「〜リリリピート編〜」「〜UMIMOYASU編〜」「〜VISION編〜」と続いてきて、いよいよツアーファイナルを迎えるフレデリック。フレデター全員、横浜アリーナにみんな集合してみんな違ってみんな優勝しましょう!!!!

チケット最終先着先行は12/16(月)23:59まで受付!先着のため上限数到達と同時に発売終了ですのでぜひこの機会をお見逃しなく!




(LIVE Photograph by 渡邉一生)