_st-1977
AKB48×劇団鹿殺し×コンドルズという異色のコラボレーションで、この春再演される舞台『山犬』。




「同窓会の前日に届いた一通の手紙。しかし、誰もその名前に記憶がない。10年ぶりに再会した『元コーラス部』の生徒たちと先生は、手紙に導かれてタイムカプセルを掘るため、学校の裏山へと向かう。……」

(引用:舞台「山犬」公式サイト)


6人のキャストで人間の極限状態と純愛を描くこの監禁劇。2006年、2014年に上演され、今回の上演では、メインキャストの男女逆転、そして「コーラス部」という設定が新たに加わる。

翌日から稽古が始まるという、劇団鹿殺し代表・丸尾丸一郎と、AKB48から出演する岩立沙穂、太田奈緒、谷口めぐの4名にインタビューした。

「もっと彼女たちと作品を作りたい」

——この3名にオファーしたきっかけはなんですか?

丸尾丸一郎(以下、丸尾):いつか、『山犬』のメインキャストを男女逆転させてやってみたいと思っていたんです。昨年秋、舞台『マジムリ学園』に脚本・演出として関わったんですが、そのときにAKB48の子たちのポテンシャルを知り、もっと彼女たちと作品を作りたいなとも思っていて。

せっかくAKB48の子にやってもらうなら、コーラス部という設定にして歌を入れて……って企画が動き出しました。劇団鹿殺しの舞台は、大人数の演目が多いんですけど、『山犬』は少数精鋭。その分、お客さんもより密に向きあってもらえる作品なので、嬉しい反面、プレッシャーはありますね(笑)。

_st-1925

——AKB48だからこその「コーラス部」という設定だったんですね。

丸尾歌も4曲つくりました。可愛らしいシーンになると思います。この物語の中で、歌が「希望」になればいいなと。みんなが一緒にいられた頃の象徴じゃないですけど。

——みなさんは普段、AKB48で活動されていますが、今回、『山犬』のオファーを受けられていかがでしたか? かなり激しそうな舞台ですが……。

太田奈緒(以下、太田): 劇団鹿殺しさんの舞台を観に行かせていただいて、「一緒に舞台をつくれたら、学べることがいっぱいあるんだろうなあ」と思っていたタイミングだったので、すごく嬉しかったです!

谷口めぐ(以下、谷口): 丸尾さんには『マジムリ学園』で演出をしてもらっていたので、またご一緒できるのは光栄だなと思いました。

岩立沙穂(以下、岩立):私も再度お話をいただけて、本当に嬉しいです。

丸尾僕はドラマのときから『マジムリ学園』に関わっていましたが、舞台化が決まったとき、48グループのメンバーはみんな忙しいし、「どこまでできるかな?」って実は不安だったんです。でも、稽古をするなかで、このメンバーのポテンシャルなら、舞台全体の到達点を高められるって分かったから。

谷口:嬉しい……。

丸尾でも、それは役者のみんなも感じてたでしょ? これは面白くなるなって思えたんですよ。

丸尾が語る岩立、太田、谷口の印象

——AKB48から、この3名を選ばれた決め手を教えてください。

丸尾えー、誰からいこうかな(笑)。じゃあ、奈緒(太田)から。いい意味ですごく凡人だと思っていて。

——いきなりすごいキャッチコピーが出ましたね(笑)。

丸尾そこらへんにいそうなんですよ。笹塚にいそう(笑)。普通の街にいてそう。
_st-1873

太田:
(笑)。親近感?

丸尾そう! 何色にも染まれるっていう雰囲気がもともとあって。彼女自身が、自分の内側から言葉を出そうとしてくれるから、女優としての偏差値も高い。もっと彼女の演技を見てみたいなと思いました。

沙穂(岩立)は、まだ女優としての形が決まってない。どこまでいけるのかっていう輪郭が決まってない状態だから、今のうちに膨らませれば、もっともっと大きくなっていきそうな気がする。

僕の好きな漫画の話で、お酒を入れて「お前はコレだよ(コップ)。やつはコレだ(お椀)。でもあいつはコレだ」って主人公を指差して、何もないところにこぼすっていうのがあって。沙穂のイメージはこれ。

岩立:床にお酒をこぼしてるイメージ(笑)。
_st-1885

丸尾だから今回も、1番ややこしい役になりました。

めぐ(谷口)は、プロとして、自分が商品となって舞台に立つ人間として、単純にクオリティとポテンシャルが高いんですよ。だからすごくやりやすい。3人の中で、今1番完成度が高いと思う。こういう会話劇をやることによって、人間の奥底にあるものを表現をするとおもしろいだろうし、めぐ自身も楽しいってことに気づいてくれるんじゃないかと思ったんです。
_st-1947

舞台『山犬』への意気込みと最後に一言

——ご自身の役への意気込みをお願いします!

太田:私の役はテンションの高低差がはっきりとあるので、その差を見せられるように頑張ります!

岩立:他の2人よりも舞台上にいる時間は短いんですけど、その中でも変化していく部分があるので、そこをどう見せていくか意識したいと思います。

谷口: 私は昔好きだった先生と再会するキャバ嬢の役なんですけど、10年経ってもまだ先生のことが好きな女の子ということで、まずはオレノグラフィティさん(先生役)のことを好きになるところから……。
_st-1923

丸尾すごい! そこから入るんや(笑)。

——最後に一言お願いします。

太田:普段はアイドルとして活動をしているんですが、この舞台に立っているときだけは、「太田奈緒」っていう顔がチラリとも浮かばないくらい……クソみたいな性格っていうか……

丸尾なんで急に汚い言葉出てきたん!?(笑)

太田:嫌われるくらいの気持ちで頑張ろうと思うので! よかったら観にきてください。

岩立:『山犬』は、私たちにも起こりうる日常の些細なことから始まります。ビジュアルだけ見るとちょっと怖そうですけど(笑)、気軽に観にきていただけたら。自分が普段AKB48としては見せない部分ばかりになっていると思います。

谷口:私のファンの方には、「めぐちゃんってこんなに大人になっちゃったの?」ってびっくりしてもらえるはずです。ちょっと大人っぽい一面を見てもらえたらなって。今まで監禁なんてもちろん経験ないので……(笑)。人間の限界をがんばって表現したいですね。

丸尾「AKB48×劇団鹿殺し」っていうと、ちなんじゃそりゃってイメージつかないかもですが、ダンスカンパニー コンドルズも加えて、AKB×鹿殺し×コンドルズ、身体的な強さと少人数ならではの密度の高い作品世界にどっぷり浸かってもらえる、演劇ファンにも一目置かれる演劇作品を目指します。もちろん、彼女たちのファンの皆さんも責任持ってお芝居の世界に飛び込めるような、入り口の作品にもなっていますので、お楽しみに!

_st-1761

_st-1536.1


_st-1503

【チケット詳細】

劇団鹿殺し「山犬」

◯東京公演
サンシャイン劇場
2019年2月27日 (水) ~2019年3月3日 (日)
◯大阪公演
ABCホール
2019年3月6日 (水) ~2019年3月10日 (日)

脚本・演出: 丸尾丸一郎(劇団鹿殺し) 
原案: 入交星士
音楽: オレノグラフィティ

【出演】
岩立沙穂(AKB48 TeamB) / 太田奈緒(AKB48 Team8) / 谷口めぐ(AKB48 TeamB) / 山本光二郎(コンドルズ) / オレノグラフィティ(劇団鹿殺し) / 丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)