S__3121161

小嶋陽菜、高橋みなみ、峯岸みなみによるユニット「ノースリーブス」が、今年、結成から10周年を迎えることとなり、デビュー日となる11月26日に一夜限りの単独ライブ「ノースリーブス 10th ANNIVERSARY~丸ごと no3b!!~」を開催することが決定。それを記念して、LINE LIVEでは彼女たちが出演するスペシャルトーク番組『10th Anniversary まるごとノースリーブス特番』を生配信した。

番組がスタートすると、まずは10周年のお祝いということでスパークリングワインで乾杯することに。「大人になったね、私たちも」と小嶋がしみじみと語る中、「ノースリーブス10周年に乾杯!」という掛け声と共にグラスをあわせる3人。そんな3人の姿に視聴者からも「おめでとう!」「一緒に飲みたい」というコメントが殺到した。

まったりとした空気感で始まった番組だが、この日の進行は高橋に任せ、台本を一切読んでいないという小嶋と峯岸。「この雰囲気懐かしいね。たかみなが全部分かっているからいいやっていう感じ」と懐かしむように笑顔を見せる小嶋。しかし高橋も、「私もノースリーブスだから肩の力が抜けて、どうにかなるかなって思って、この番組の前に一杯ひっかけてきてるから(笑)」とすでにアルコールを飲んでいることを明かし、峯岸が「たかみなが気を張らないっていうのがノースリーブスの良いところ!」と語った。

リアルタイムで視聴者から質問を募集するコーナーでは、今後のノースリーブスの活動に期待するような「新曲は出しますか?」という質問が多数寄せられる。しかし高橋が「今回10周年ライブをやるってなったときに、ノースリーブスが復活というように(ニュースで)書いていただいているから、ここから精力的に活動するんじゃないかって思っている方が多いと思うんですけど、それは誤解です(笑)」とばっさり否定。峯岸が「(一夜限りだけど)一夜で解散ってわけでもないしね?」と高橋と小嶋の顔を見やるも、小嶋は「解散してもしなくてもいいよ(笑)」とほんわかと返答した。

峯岸が「ファンの人たちからも握手会で10周年どうですかって聞かれてた」と語りだし、「だから期待に応えられてよかった」と感慨深げな表情を浮かべると、高橋が「3人の新しいアー写だけでノースリーブスファンは10年生きられる」と前日に解禁となった新ビジュアルについても触れる。それに対し小嶋も「思っていたよりも反響が大きくてビックリした。そんなに興味もないだろうなって思ってたのに(笑)」と語り、ファンの盛り上がりようは予想外だった様子。

番組の中盤では、11月26日のライブに向けてどんなことがやりたいか?というトークテーマのもと、3人がパーソナリティを務めていたラジオ番組内の企画について話が展開していく。「ホクロ探しゲームとか盛り上がったよね。あと私服を当てたり(笑)」と番組内では様々な企画に挑戦していた3人。「(ライブでも)そういう普通じゃやらないようなノースリーブスならではの企画を詰め込めたら」と、単独ライブへの意気込みを峯岸が語り、小嶋、高橋も大きく頷き同調した。

そしてここで、10月10日よりサービスを開始したLINEチケットにて、ノースリーブスの単独ライブのチケット先行申し込みがスタートしたことも告知された。LINEチケットのPR動画が流れる中、使われている楽曲について小嶋が「誰の曲?」と峯岸に問いかけると「ん~、人気バンドでしょうね~」と返答。生配信中とは思えない、2人のプライベート感満載のやりとりを見ていた高橋は「ざっくりしすぎだよ!テレビ見ているんじゃないんだから!(笑)」と思わずツッコミ。

番組の終盤では、ノースリーブスの10年を振り返る企画も実施。10年前と現在のメインビジュアルを見比べ、高橋が当時トレードマークとして身につけていたリボンの髪飾りについて峯岸が話題を振ると「これは黒歴史。最新の技術で消していただきたい」と自虐的に語り、笑いを誘う。新しいメインビジュアルについては、打ち合わせの際に3人で話し合ってポーズを決めたとし、「このポーズで撮ろうって秒で決まった」「他のジャケ写もあるけど、なんかこれがイメージ強いよね」と今回のメインビジュアルに至った撮影裏話も明かした。

ノースリーブスはこれまで9枚のシングルをリリースしており、3人がそれぞれ思い出に残っている1枚を選んでいくことに。高橋はデビューシングルの『Relax!』を選曲し、「3人でMV撮るのも慣れてなくて、3人で活動していくこともまだ受け止め切れてなくてふわふわしていた」と当時を振り返り、峯岸はセカンドシングルの『タネ』を選び、「自分の全盛期だった。このときの私はちゃんとアイドルをやっていた。可愛く歌うこと、可愛く振る舞うってことになんの疑いもなかった」と語りだし、すかさず高橋から「今は疑ってるの?(笑)」と指摘が入る。小嶋は『唇 触れず…』を選ぶと、「最近聴いて良い曲だなって。ライブでもできたらやりたい」とファンの期待を煽るも、高橋が「踊れる?大丈夫?絶対誰か間奏(部分の振り)を間違えるんだよね(笑)」と3人で笑い合いながら思い出トークを繰り広げた。

最後には、ファンサービスとしてスクショタイムも実施。メインビジュアルのポーズや3人での自撮り風ショットを披露し、ファンからも「エモい」「幸せ」といったコメントが相次いだ。

最後の挨拶として小嶋が「始まる前は久しぶりすぎてどうなるかと思ってたけど、ライブ前にこうやって会えて良かった」とコメントし、高橋も「引き続きノースリーブスをよろしくお願いします!会場でお会いしましょう!」と呼びかけ、番組を締めくくった。

S__3121160

(text by makie enomoto)

【番組概要】

10th Anniversary まるごとノースリーブス特番
配信日時:2018年10月13日(土)21:30~

【チケット詳細】

10th ANNIVERSARY~丸ごと no3b!!~

日にち:2018年11月26日(月)
場所:EX THEATRE ROPPONG
受付URL:https://lin.ee/boOjVQT/dmst/blog

-LINEチケット先行(一次受付)
受付期間:10月13日(土)22:00〜10月15日(月)23:59
当選発表:10月18日15:00

-LINEチケット先行(二次受付)
受付期間:10月22日(月)10:00〜10月24日(水)23:59
当選発表:10月27日15:00

※お一人様2枚まで。